かゆみ

かゆみについて

かゆみは、痛みのごく軽いもの

かゆみとは、掻かずにはいられなくなるような皮膚表面の不快症状を指し、その実体は「痛みのごく弱いもの」と考えられています。
皮膚に起こる炎症などによってかゆみは生じますが、引っ掻いたりすれば、かゆみはさらに増します。また精神状態の与える影響も大きく、かゆみが気になり出したり、緊張したりすると、かゆみは増すものです。
かゆみを引き起こす原因・病気は、少なからず存在します。
かゆみの原因を突き止めることが大切ですし、また掻けば掻くほどかゆみは悪化するので、できるだけ掻かずに、早めに皮膚科等の医療機関を受診しましょう。

かゆみを招く代表的な皮膚疾患

湿疹、あせも、蕁麻疹(じんましん)などの皮膚疾患から、糖尿病などの全身性疾患まで、様々な疾患がかゆみをもたらします。
ここでは、かゆみを招く代表的な皮膚疾患を挙げておきます。