水虫

水虫について

水虫は白癬菌というカビによる感染症です。男性に多いイメージがありますが、最近ではブーツを履く女性にもよく見られます。

足の水虫(足白癬)

白癬菌が足に感染した状態を水虫と呼びます。
白癬菌はプールやジム、温泉などの足拭きマットに潜んでいることが多く、そこから感染します。ご家族に水虫の方がいらっしゃると、バスマットやスリッパからも感染します。
足の皮がむけてきたり、水ぶくれができたら要注意です。水虫というと「かゆい」というイメージがありますが、意外とかゆみのない水虫も多いです。
水虫は皮膚科で検査を受けなければ診断はつきません。自己判断で市販の外用剤を使用していると、かえって症状が悪化することがあります。

爪の水虫(爪白癬)

爪が白く濁ってきたら、爪水虫かもしれません。
爪水虫は外用剤では治りにくいため、内服薬(イトラコナゾール、テルビナフィンなど)での治療が主流です。ただ最近は、内服が苦手な方にも、新しく登場した爪の外用剤(クレナフィン爪外用液)での治療も可能になりました。これまで治療を諦めていた方はご相談ください。

その他の水虫

手(手白癬)、体(体部白癬)、頭(頭部白癬)、股(股部白癬)など、体のあちこちに水虫ができることがあります。

水虫は簡単な検査で診断がつきます。きちんと治療すれば治る病気です。お気軽にご相談ください。