湿疹・あせも

湿疹

湿疹は皮膚炎とほぼ同じ疾患で、赤くて痒みのある発疹を引き起こしたり、皮膚表面が粗くなったりします。
湿疹は乳幼児からお年寄りまで、さまざまな年代に発症し、場所にしても体の特定の場所にしか出来なかったり、全身のどこにでも出来たりします。
原因もわかったり、わからなかったり、いろいろです。
症状の程度もさまざまで、皮膚の乾燥や痒みなどの軽度のものから、皮膚をかきむしって出血が見られる重度のものまであります。
ただ、どのような皮膚炎でも、引っ掻いたり擦ったりしていると、その部分の皮膚が厚く、硬くなってしまいます。
湿疹の一般的な症状は、急性期では皮膚に痒みを伴った赤い斑(紅斑)が現れ、さらには細かい水ぶくれ(小水疱)、ブツブツとした盛り上がり(丘疹)、膿の溜まった状態(膿疱)など、さまざまな症状が同時に、または時期を違えて見られます。また、こうした症状を繰り返していると、慢性化して皮膚の厚みが増し、硬くなってきて、表面が粗くなります。

湿疹の原因

湿疹の原因となる刺激には、化学物質(接触性)、擦れたり引っ掻いたり、紫外線や寒冷による刺激(刺激性)、飲食物や薬剤、体質など、実にさまざまなものがあります。
もちろん、すべての人がこれらのものによって湿疹を起こすわけではありません。今までは何でもなかったものが、ある日突然に湿疹の原因となることもあります。

湿疹の治療

湿疹の治療にあたっては、まず痒みや炎症を抑える塗り薬をつけ、様子をみます。
一般的に湿疹は、皮膚を掻けば掻くほど痒みが増し、さらに悪化して感染症にかかるリスクも高くなるため、とにかく皮膚を掻かないことが重要です。
日常生活では皮膚の清潔を保つことが大切ですが、せっけんは低刺激性のものを少量だけ使うようにします(急性期には入浴を避けたほうが良い場合もあります)。
また、湿疹があるときに大量の汗をかくと、痒みが増すなど症状の悪化を招く場合があるので、夏などは発汗にも注意が必要です。
様子を見て、痒みや炎症が改善されない場合は皮膚科を受診し、湿疹の原因を突き止めたうえで治療をする必要があります。

あせも

あせも(汗疹)とは、汗を多量にかいたあとに、皮膚に細かい水ぶくれやブツブツが現れる皮膚疾患のことです。
汗をかきやすい夏に多く、小児に発症しやすい疾患です。
高熱を出している方や高温環境下で作業している人にも見られます。
あせもは、症状の違いから3種類に分けられます。
小さな白っぽい水ぶくれが出来る水晶様汗疹、赤い丘疹が生じ、痒みや軽い痛みを伴う紅色汗疹(こうしょくかんしん)、皮膚が部分的に盛り上がって、その部分が汗をかけなくなる深在性汗疹の3種類です。深在性汗疹は、亜熱帯地方に多く、日本ではあまり見られません。

あせも(汗疹)の原因

多量に汗をかき、汗管が詰まるために、汗が皮膚の外に出られなくなり、皮膚内の組織に漏れ出ます。すると水ぶくれが出来たり、炎症を起こして痒くなったり、赤くてかゆいブツブツが出来たりするのです。

あせもの治療

水晶様汗疹は特別な治療を行わなくても2、3日で症状が治まります。紅色汗疹にはステロイド外用薬を使用します。細菌感染が加わっている場合は、抗生剤を内服することもあります。
あせもの再発を繰り返さないためには、汗が出たらシャワーを浴びるか、こまめに拭き取るように心がけることが大切です。