いぼ

いぼについて

いぼ(尋常性疣贅)は、パピローマウイルスが皮膚に感染することによって生じます。小児や若い人の手足に好発し、顔にできることもあります。足底にできたものは、長い間「うおのめ」と間違えられていることもあります。
いぼは、自然治癒することもありますが、放置しているうちに大きくなったり、他の部位へ伝染ったりすることが多いので、初期(数が少なく、小さいうち)に治療を受けることが大事です。

いぼの治療法

治療方法はさまざまありますが、いずれの方法でも「いぼ」をすぐになくしてしまうことは困難です。できた部位によっては、非常に治りにくい場合もあります。何回か治療を繰り返して、少しずつ治していきます。
主に液体窒素を使用した凍結療法が行われますが、その他内服療法や外用療法があります。個々の患者様にあった治療法を選んでいきます。
特に小さなお子様には、なるべく痛みの少ない治療法をご提案しています。