おむつかぶれ

おむつかぶれについて

おむつかぶれは、おむつに覆われた皮膚に起こった炎症で、医学的には「おむつ皮膚炎」と言います。あせもやアトピー性皮膚炎との違いは、炎症がおむつの当たっているところにだけ生じる点です。
尿や便に含まれるアンモニアや酵素などによる刺激と、おしりを拭くという摩擦行為などの外的な機械的刺激が合わさって、おむつの当たるところに赤いブツブツやただれが出来ます(皮膚のしわの間に出来ている場合には、カンジダ皮膚炎の可能性もあります)。

おむつかぶれの治療

おむつかぶれの際は、洗面器にぬるま湯を入れておしりをよく洗い、亜鉛華軟膏やワセリンを塗ります。症状がひどいような場合には、弱いステロイド軟膏を塗ったりすることもあります。