円形脱毛症

円形脱毛症について

自覚症状など何も無く、ある日突然、頭にコイン大のハゲが出来る疾患です。
円形の脱毛巣が一つだけ出来るものから、頭髪全体が抜けるもの、さらに眉毛、まつ毛、陰毛や体毛など、ほぼ全身の毛が抜けるものまで、いろいろです。
脱毛巣周囲の毛を軽く引っ張ってみて、数本の毛が抜ける間は進行中です。脱毛巣の皮膚は、周囲よりへこんだ状態になっていて、しばしば軽い発赤を伴います。進行が止まれば、多くの場合は数ヶ月後に軟らかい毛が生えてきて、その後、硬い毛が蘇ります。
ほとんどは、放置しても自然治癒すると言われますが、円形脱毛症になりやすい体質の人もおり、そうした人では、しばしば再発を繰り返します。治癒後5年以内に、約40%が再発すると言われます。
また、頭髪だけでなく、全身の毛が抜ける汎発性脱毛症では、予後の悪いことが多いようです。最近では、子どもがかかるケースも増えています。

円形脱毛症の原因

毛の根元に、リンパ球が集まってくることから起こります。
リンパ球は血液の中にあり、扁桃炎や肝炎などの炎症部位に集まってきて、炎症を鎮めようとします。この症状は、他の免疫異常疾患(アトピー性皮膚炎など)と同時に起こりやすいと言われます。しかし、詳しくはまだよくわかっていません。

円形脱毛症の治療法

精神的ストレスが基礎にあるため、時間が問題を解決してくれるからなのか、ほとんどは自然治癒します。
もっとも、ストレスを解決する方法を見出さないことには、根本的な治癒には至らないようです。
薬物療法等には、以下のようなものがあります。

  • ステロイド剤:免疫異常を抑えるためにステロイド剤を塗ります。
  • フロジン液:血液の循環を良くするために、フロジン(塩化カルプロニウム)液を塗ります。
  • 内服薬:免疫を調整する内服薬や漢方薬を併用することがあります。
  • 凍結療法:頭皮を刺激するために、液体窒素を綿棒で患部に当てる治療法があります。